Drowsy Dog's Diary

any note, any thought

2013年4月23日
by kazoo
2 Comments

macdeployqt – Qt for mac の配布パッケージ作成

QtCreator (2.5.0 + Qt 4.8.1 LGPL)で、ビルドした Mac 用アプリを配布するとき、
Xxxx.app パッケージを直接渡すのではなく、macdeployqt コマンドを使って

と、してやる。
配布に必要なライブラリ一式がコピーされ、ディスクイメージを作成してくれる。

また、アプリが起動ディレクトリのデータを必要とする場合、デバッグ時には Sample.app/Contents/MacOS/ 下に作成されたLoadModule と同じ階層にデータが必要だが、配布後は、Sample.app/Contents/MacOS/ 下のデータは参照されない。
配布後のデータは、配布物を展開したディレクトリ (Sample.app) が起動ディレクトリとなるため、配布物を展開したディレクトリ (Sample.app) に配置する必要がある。