Drowsy Dog's Diary

any note, any thought

OS X での locate と updatedb

| 2 Comments

Linux ではおなじみ高速なファイル検索の locate コマンド。
Spotlight があれば十分なのかもしれませんが、コマンドラインでさくっと探すときは自分はやはり locate です。

で、この locate が探す DB を更新するコマンド、Linux 系では $ sudo updatedb すれば OK ですが、Mac OSX の場合は、

にあるようです。
updatedb にエイリアスしておけばいいかな。


Author: kazoo

犬はさよならを言わないのだ。

2 Comments

  1. /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.locate.plist で updatedb を制御してるので、これを有効化して更新するのが OS X 的には正義ですね。
    個人的には locate 有効化するよりも、 alias locate=’mdfind -name’ のほうが幸せなんじゃないかなー、と思います(結果に若干違いがありますが。

  2. なるほど。どちらも参考になります。
    launchd でやれってのは確かにそうですね。
    mdfind は今初めて知ったのですが、システムファイルや不可視ファイルは検索してくれないのかな。。?
    でも -name しないで grep に近い探し方するときにむしろずっと便利かも、という印象。いろいろ比較してみます。
    どうもありがとうございます!

コメントを残す

Required fields are marked *.